日本の風土に適したWB工法

夏冬快適な環境

(株)ウッドビルドの寺島会長が1998年に考案。透湿壁と通気層を設け、形状記憶合金バネで自動的に換気口を開閉して気流を制御することにより住む人の健康と家の耐久性を維持する工法です。通気と断熱は相反する状態となり両立する事は大変難しいとされてきました。しかし、WB工法はこの通気と断熱を両立し、夏冬快適な環境を造りだします。

※WB工法は室内換気不要の大臣認定をうけていますが、

現行法上、第三種換気設備を設置いたします。

ハウスメーカーにはできない工法

大手のハウスメーカーが採用しているのは、基本的に工場生産で均一化できる部材(壁材等)で、現場での作業効率を上げるためにどうしても高気密・高断熱仕様になっています。

WB工法は特許工法です。大手ハウスメーカーではできない、自然な室内空気環境を維持できる家造りが可能になります。

シックハウス症候群を解決

現代の住宅が抱える弊害、シックハウス症候群を解決する方法がWB工法にあります。住宅の高気密・高断熱化が進み、新建材と呼ばれる化学物質を含有した建材を多く用いたことにより、室内空気が化学物質などに汚染され、そこに住まう人の健康に悪影響を与えてしまうようになってしまいました。

家も人と同じように呼吸をしなければ健康に住むことはできません。WB工法は壁の中に空気を通して、壁から湿気を排出します。それらの呼吸で室内の有害物質を排出しクリーンな室内環境を造りだすことが可能になるのです。

必要なのは、壁の中の通気性

壁の中を空気が流れるから、無駄な湿気も夏の熱気も家にこもりません。

湿気で木材が劣化しないから、家はいつでも大丈夫。

ポイント

通気口から入った空気は、床下のひんやりした空気と混ざって壁の中を上昇します。この自然な空気の流れが焼き込みの熱を緩和し、無駄な湿気を一掃する仕組みです。壁の中を空気が流れることで、室内は熱気の影響を受けにくい快適な空間になります。

必要なのは、気密性と断熱性

形状記憶合金 で冷気を遮断するから冬の冷え込みを抑えられます。

壁の中には、空気の層ができて家の中の気密性と断熱性がアップ。

ポイント

気温が低下すると各通気口は自動的に閉じて、冷たい空気の侵入を防ぎます。壁の中の空気を動きにくくすることで、室内暖房の熱が逃げにくくなります。夏の通気性とは一変、家は気密性が高い状態になります。

気温に反応する形状記憶合金

WB の家では各通気口に気温の変化で伸縮する形状記憶合金を利用しています。気温に応じて通気口が自動的に開閉する新しい発想。

必要なのは、湿気を通す壁

土壁の原理を応用して、クリーンな室内環境を実現。

臭いも科学物質も湿気と一緒に壁を透過するので心配はありません。

換気システムに頼らなくても、快適に過ごすことができます。

ポイント

室内の有害な物質や生活臭は、湿気とともに透湿性の壁を透過して、屋外へ排出されます。機械による室内換気をしなくても、室内ホルムアルデヒト濃度を低く抑えることができます(厚生労働省指針値 0.08ppm)余分な湿気も抑えるので結露する心配もありません。室内は常にクリーンな空気で保たれます。

先人の知恵を活かす

日本の家づくりには、昔から土壁が使われていました。実はこの土壁、吸湿性に優れていて湿気の多い日本の風土に適していたのです。夏は、空気中の湿気を吸収してジメジメした感じをなくしますし、逆に冬は水分を放出して室内の湿度を適度に保ってくれます。

 

WB の家は、土壁が持つ調湿作用を、現代の家づくりに置き換えて活用しています。内壁には、土壁のような透湿性の壁を使い、浸透圧によって室内の余分な湿気は壁を透過。湿気とともに科学物質や臭いも壁を透過して屋外に排出されます。

お電話でのお問い合わせ

0120-801-321

受付時間 / 8:30~17:30 定休日 / 祝日

Mail お問い合わせ

Copyright © Co-ki. All Rights Reserved.

TOP

壁の中を空気が流れるから、無駄な湿気も夏の熱気も家にこもりません。湿気で木材が劣化しないから、家はいつでも大丈夫。

形状記憶合金 で冷気を遮断するから冬の冷え込みを抑えられます。壁の中には、空気の層ができて家の中の気密性と断熱性がアップ。

土壁の原理を応用して、クリーンな室内環境を実現。臭いも科学物質も湿気と一緒に壁を透過するので心配はありません。換気システムに頼らなくても、快適に過ごすことができます。